業務の効率を大幅アップさせよう【グループウェアの利用がオススメ】

コミュニケーション向上

オフィス

ツールを選ぶ基準

社内のコミュニケーションを活発化されるものとして、コミュニケーションツールがある。コミュニケーションツールは、電話やメールなど比較的古くから利用されているものに加え、最近ではSNSツールの活用やチャットツールの業務活用なども増えている。さらには、テレビ電話システムなどもコミュニケーションツールである。これらのコミュニケーションツールは、多くのIT関連業者から様々なツールが提供されており、どれを導入するか迷うケースも多々ある。コミュニケーションツールを導入する場合、その選定基準にはいくつかのことがある。選定基準としてあるのが、会社の風土に合ったツールであるかということである。会社にはそれぞれ特徴があり、新しいものの導入に前向きな会社や、これまでのツールを利用したいという保守向きな会社などがある。会社に合わないツールを導入しても利用されない可能性が有るため、どれが自社に合うかの検討が重要である。また、費用面も重要な要素である。ツールによっては無料サービスとして提供されているものや、利用人数に応じてコストが大きく変わるものがある。コミュニケーションツールでは、一度導入し社内に浸透すると長期に渡り利用される可能性が有る。その為、長期的な視点で見たコスト算出が必要になる。その他、ツールやそのツールの提供会社の信頼性も選定時には重要になる。コミュニケーションツールでは、社内の機微な情報を扱う為、信頼性は特に必要になる。

Copyright© 2017 業務の効率を大幅アップさせよう【グループウェアの利用がオススメ】 All Rights Reserved.